メリット・デメリットとは?2つの有効成分配合のスーパーカマグラ

img01

カマグラシリーズの一種に、スーパーカマグラという製品があります。
スーパーカマグラももちろんED治療薬の1つです。

今回は、スーパーカマグラの特徴を中心に、メリット、デメリットをご紹介したいと思います。

日本では購入不可。入手するなら個人輸入

このスーパーカマグラは2つの有効成分が配合された薬になっています。

その1つがシルデナフィルクエン酸塩です。この有効成分は日本でも有名なバイアグラと同一有効成分です。
これは血管を拡張して陰部の血行を良くして勃起を促す薬です。

もう1つの有効成分はダポキセチンというものです。
この有効成分は日本では厚生労働省の認可を受けていない成分で、類似する薬効を示すものに抗うつ剤があります。
ダポキセチンは感覚機能や性的な興奮を抑制し、早漏を改善することができる成分となっています。
つまりEDでなおかつ早漏に悩む方には適した薬となっているのです。

前述の通り日本ではダポキセチンは承認されていないので日本ではスーパーカマグラは販売されていません。
しかし個人輸入という形で海外から入手することが可能となっています。またこの薬には値段的なメリットもあります。

値段はバイアグラの約半分

それでは、値段を見てみましょう。

日本ではバイアグラでも1錠あたり1000円以上の費用がかかります。
しかしスーパーカマグラはジェネリック医薬品で1錠あたり500円程度で手に入れることができます。

つまり半分の値段で早漏に効く成分も配合されたより効果的な薬が手に入るということなんです。

循環器、消化器への副作用が出ることも

ただし、メリットばかりではありません。副作用も出やすい薬なので注意も必要です。

シルデナフィルクエン酸塩は全身の血管を拡張させてしまうため、頭痛、鼻づまり、顔面紅潮、低血圧に伴うめまいなどの副作用が起こることがあります。
またダポキセチンは服用開始時期に胃のムカムカなどの消化器症状が現れやすい他、眠気が出やすくなることもあります。

今回ご紹介したように、スーパーカマグラにもメリットとデメリットがあります。
何を優先したいのか? 体質的に飲んでも問題はないのか?等、きちんと把握して、納得した上で服用するようにしましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone